水戸市で外壁塗装ならチャンピオン

水戸市で外壁塗装ならチャンピオン

断熱塗料と遮熱塗料の違いとは?

0 views

断熱塗料とは?

塗料にはいろいろな機能を持たせた製品があって、より快適な生活を送れるような効果があります。

そのうち、断熱塗料は熱を溜めこむという機能を持たせた塗料で、外壁内部などに使われることが多い断熱材と同じ考えで作られています。

外気温や太陽光による熱を塗料自体に取り込んで、塗膜の温度が上がっていくことになります。

塗膜自体が熱をキープすることになりますので、冷めづらく、夜になって初めて放熱をします。

こうすることで、外気の暑さが家の内部にまで入り込まないので、室内を快適に保てるというメリットが生まれます。

断熱塗料に使われている技術として、中空ビーズという多孔質セラミックを使った塗料があります。

塗膜の中に空気の層を作ることができて、これが断熱効果を生み出すというものですが、グラスファイバーなどの壁内部に入れる断熱材と同じです。

遮熱塗料とは?

遮熱塗料も室内に外気の暑さを浸透させないためのものですが、日光を反射することによって、熱を跳ね返すという考えによって作られています。

太陽光の中でも、特に近赤外線と呼ばれる、熱を伝える光線を反射する材料が含まれていて、太陽光を浴びても屋根や外壁の温度が上昇しないようにしてくれます。

光を反射すると言っても、このように特定の領域だけを反射しますので、まぶしく見えるということではありません。

もっとも、塗料の色を明るくすることによって太陽光全体を反射しやすくなりますので、黒などの暗い色よりも遮熱効果が高まるのは事実です。

遮熱塗料でも選択する色によって効果が変わってきますので、施工プランを立てる時にはこの点も注意すると良いでしょう。

断熱塗料と遮熱塗料の違いとは?

このように、断熱塗料と遮熱塗料は、室内を涼しく保つという目的は一緒ですが、そのアプローチの方法に違いがあることが分かります。

遮熱塗料は太陽光を反射することによって暑さを防ぐ、いわば日傘のような働きをします。

一方で、断熱塗料は熱さそのものを塗膜で防御して室内に入れないという、断熱材の働きをします。

どちらも暑さ対策にはとても役立つ塗料ですので、多くの製品は遮熱効果と断熱効果の両方を持たせるようにしています。

様々な塗料を使い分け、快適な生活を送れるようにサポートしているチャンピオンでは、こうした特殊な塗料を使った外壁塗装も行っています。

より住みやすい家を持ちたいという希望を叶えるために、どんな塗装工法があるのかを問い合わせてみましょう。

水戸地域密着の塗装施工店です!

無料診断実施中!
外壁や屋根の塗り替え、防水工事なら、チャンピオンまでお問い合わせ下さい!

0120-576-849 (お客様用)

メールフォームはこちら