水戸市で外壁塗装ならチャンピオン

水戸市で外壁塗装ならチャンピオン

外壁のリフォームはどんな種類がある?

0 views

外壁のカバー工法は断熱性のレベルが高い

外壁のリフォーム方法にはいろいろな種類があり、それぞれにメリットとデメリットがあります。

そのため、リフォームをしたいなと考えているのであれば、一度可能な工法を挙げて、それぞれの工法としてのレベルを比較してみるのが一番です。

その一つの工法として、カバー工法というものがあります。

これは既存の外壁の上に、さらに新しい外壁パネルを重ね張りするというものです。

カバー工法は、古い外壁材をはがす必要がありませんのでゴミがあまり出ないということや、重ね張りをすることで分断熱性や遮音性が高くなるという点でレベルが高いです。

一方で、塗装に比べて費用が高くなるという点や、壁が重くなりますので、建物の構造によっては耐震性が落ちる可能性もあります。

さらに、その工法の特性上、どうしても見る人が見ると、重ね張りをしたということが分かり、リフォームの跡が見えてしまうという点にも留意したいものです。

外壁の張り替えはデザイン面でのレベルが高い

外壁の張り替えは、既存の外壁材をすべてはがして、改めて新しい外壁を張り替えるという工法です。

内部の防水シートなどもまとめて交換することになりますので、外壁の性能を一新することができますし、耐震性を落とすことなくリフォームできます。

いろいろなデザインの外壁材が出ていますので、おしゃれに外観を変えることもできて、見た目が良くなりデザイン面では最もレベルが高い工法です。

一方で、どうしてもコストが高くなってしまうことや、工期が長くなるというデメリットもあります。

外壁塗装はバランス面でのレベルが高い

外壁材を上から張るカバー工法、もしくは完全に張り替えるという方法では、どちらの場合でもそれなりの費用と工期がかかります。

その点、外壁塗装であれば、ずっとコストを抑えてメンテナンスができますし、工期も短いので、気軽に依頼できるという良さがあります。

塗装をするだけでも、塗料によって外壁の保護を十分に行うことができ、色を変えることなどで外観をおしゃれに変えることも可能です。

また、外壁材の種類によって、対応できる工法とそうでないものもありますが、基本的に塗装であればどんな壁でもできるのも強みで、バランスの良さという点でレベルの高い工法です。

予算や仕上がりの見た目、機能などを考えて、総合的に判断することが大事です。

チャンピオンでは、機能面でも、見た目の上も、優れた仕上がりとなる外壁塗装を行っています。

見積もりだけでも対応していますので、他の工法と比較するためにも、まずは問い合わせてみることをおすすめします。

水戸地域密着の塗装施工店です!

無料診断実施中!
外壁や屋根の塗り替え、防水工事なら、チャンピオンまでお問い合わせ下さい!

0120-576-849 (お客様用)

メールフォームはこちら