水戸市で外壁塗装ならチャンピオン

水戸市で外壁塗装ならチャンピオン

どのくらいの頻度で塗り替えたらいい?

777 views

外壁塗装は8年から10年が塗り替えの目安となる

塗料は外壁の表面に塗膜を作って、雨や太陽光線からのバリアを作ります。

そのため、年月が経過すると徐々に劣化していきます。

色が褪せてくる他に、ボロボロになってきたり、触るとはがれてきたりします。

すると、保護としての役目を果たせなくなってきて、外壁そのものにダメージを与えるようになってしまいます。

そのため、劣化がひどくなる前に定期的に塗り替えることが重要なのです。

外壁の塗り替えの頻度は、塗料によって違いがあります。

というのも、ウレタンやシリコン、光触媒などの塗料の質によって耐用年数が異なるからです。

そのため、どの塗料を使って塗装をしたかを考えて塗り替えのタイミングを測ることになります。

より一般的に用いられるシリコン系の塗料は、8年から10年が耐用年数とされています。

そのため、8年目が近づいてきたら塗り替えを考え始めた方が良いでしょう。

塗料が劣化してきていると、手で表面に触ると粉がふいているのが分かります。

表面のひび割れやはがれが多くなってきたら、塗り替えのサインでもあります。

年数が経ってきたら、塗装面の状態に注意するようにしましょう。

屋根の塗り替え頻度も10年くらいだが環境によって異なることも

屋根は外壁以上にダメージを受けやすい部分です。

日光も雨ももろに当たるため、どうしても劣化が進みやすいのです。

また、垂直に建っている壁とは違って、屋根は水が残りやすいので、苔も生えやすいという事情があります。

そのため、屋根の状態については壁以上に注意を払いたいものです。

一般的に、屋根に使われる塗料の耐用年数は、壁面用と同じくらいで、8年から10年くらいとなっています。

しかし、太陽の当たり具合や雨の残り具合などで、より早く劣化してしまうこともありますので、年数だけでなく劣化の状態を確認することが大事なのです。

もし、塗料がひび割れていたり剥げていたりする、苔がかなり生えてきているということであれば、そろそろ塗り替えをした方が良いと考えることができます。

屋根の場合は、苔がひどくなると、屋根を直接腐食するようになりますので、あまりひどくならないうちに早めに工事を依頼するようにしましょう。

私どもチャンピオンでは、今までたくさんの家の塗装を行ってきた経験を通じて、適切な塗り替え時期をチェックすることができます。

家の状況が心配になってきたら、ご一報いただければ塗り替えをした方が良いかを確認することができます。

水戸地域密着の塗装施工店です!

無料診断実施中!
外壁や屋根の塗り替え、防水工事なら、チャンピオンまでお問い合わせ下さい!

0120-576-849 (お客様用)

メールフォームはこちら