水戸市で外壁塗装ならチャンピオン

水戸市で外壁塗装ならチャンピオン

雨漏りの原因とは?防止するためにすべきこととは?

1 views

雨漏りが起こりやすい箇所

日本は雨の多い国ですので、住宅は雨風に強く、密閉性を重視した造りとなっています。

しかし、築年数が経ったり、地震や台風によって何らかのダメージを受けたりすると、雨漏りが発生してしまうことがあります。

住人にとってはとても不快な状況となってしまいますし、建物の内部に水が浸透して、腐食を引き起こすきっかけとなることもありますので、すぐに解決しなければなりません。

こうした雨漏りが起こりやすい場所としては、まず屋根や外壁が挙げられます。

常に雨風が当たるところですので、内部に染み込んでしまったり、強い風を伴う雨の時に吹き込んでしまったりします。

他にも、窓のサッシ部分やベランダといったパーツからも雨漏りが発生することがあります。

雨漏りが起こる原因

雨漏りが起こる原因としては、多くは接合部にできた隙間を挙げることができます。

地震や台風などによって建材がゆがんでしまって、外壁パネルや屋根材の接合部が開いてしまうことによって、隙間が生まれて雨が漏れてしまうのです。

もしくは、窓サッシなどのパーツと外壁の接合部、外壁パネルの接合部には、シーリングというゴムのような素材で隙間を埋める施工がなされています。

このシーリングが日光や雨などによって劣化して、ヒビ割れや痩せが生じてしまうと、そこからやはり雨が入り込んできます。

他にも、屋根材や外壁パネルなどの建材そのものが劣化して、水分を染み込みやすい状態になっていたり、ヒビ割れが生じていて内部に漏れてしまったりすることもあります。

特に、外壁や屋根の表面の塗装が劣化していると、保護の役割が落ちてしまっていますので、こうした状況が起こりやすくなります。

雨漏りを防ぐためにすべきメンテナンス

雨漏りを防ぐためには、定期的な塗り替えがとても重要です。

外壁パネルの保護を強くすることができますし、劣化し始めているシーリングの交換や上塗りをすることによって、雨漏り箇所を守れるからです。

また、塗り替えをする際に、雨漏りが生じている、もしくは生じやすい部分に、改めてシーリングをすることによって、水の侵入箇所をなくすことも可能です。

チャンピオンは、こうした雨漏り対策としての外壁塗装についても実績が豊富にあり、丁寧に施工をしています。

大事なマイホームを守るためにも、また実際に雨漏りが生じているのであれば、快適な住まいを取り戻すために確実な施工をすることができますので、まずは相談をしてみましょう。

水戸地域密着の塗装施工店です!

無料診断実施中!
外壁や屋根の塗り替え、防水工事なら、チャンピオンまでお問い合わせ下さい!

0120-576-849 (お客様用)

メールフォームはこちら