水戸市で外壁塗装ならチャンピオン

水戸市で外壁塗装ならチャンピオン

サイディングにはどんな種類がある?特徴とメリットをチェック!

10 views

 

窯業系サイディングの特徴

外壁材として使われるサイディングは主に4つの種類に分けることができますが、そのうち最も利用される割合が高く、全体の7割程度に及ぶのが、窯業系サイディングと呼ばれるタイプです。

窯業系サイディングはファイバー素材とセメントを混ぜたもので、セラミック素材と呼ばれることもあります。

その特徴として、耐火性や耐震性に優れていることや、デザインのバリエーションが豊富にあるという点を挙げることができます。

機能という面でも選択肢が豊富で、汚れが付きにくいタイプや耐候性に優れたサイディングなどもあり、メンテナンスの手間とコストを下げる効果があります。

金属系サイディングの特徴

金属系サイディングは表面がガルバリウム鋼板などの金属で覆われているタイプで、内部に断熱材を含んでいることがほとんどです。

また、金属と断熱材だけの作りとなっていますので、軽くて施工がしやすいというメリットも持っています。

こうしたメリットを生かしてリフォーム工事で使用されることが多く、既存の外壁の上に重ね貼りする工法が採られます。

窯業系サイディングほどではないものの、デザインがかなり豊富で、選択肢が多いのもメリットです。

木材を使ったサイディングの種類

木材系のサイディングは木の温もりを感じられるのが最大の特徴で、伝統的な和風住宅からヨーロッパスタイルの洋風住宅まで、幅広く利用されています。

自然の素材を使っていますので、節の感じや色の違いによって変化を付けられますし、塗装を工夫することで、同じ木材を使っても全く違う外観にすることが可能です。

また、断熱性が高く、加工がしやすいという点もメリットとなります。

一方で、吸水性が強いことから雨に弱いことや、紫外線や熱の影響を受けて劣化しやすいという、耐久性の面でのデメリットがあります。

定期的なメンテナンスが求められるタイプですので、施工の際には覚えておきたい点です。

樹脂系サイディングの特徴

樹脂原料で作ったサイディングで、劣化しづらく、軽量というメリットを持っています。

日本ではまだあまり広まっていませんので、施工できる会社が少ないですし、デザインのバリエーションも少なめです。

このように、それぞれに特徴があり、塗装などのメンテナンス方法も異なりますので、プロのアドバイスをもらいながら施工法を決めるのがベストです。

チャンピオンでは種類に合わせて適切な塗装法を提案できますので、まずは相談してみることをお勧めします。

水戸地域密着の塗装施工店です!

無料診断実施中!
外壁や屋根の塗り替え、防水工事なら、チャンピオンまでお問い合わせ下さい!

0120-576-849 (お客様用)

メールフォームはこちら