水戸市で外壁塗装ならチャンピオン

水戸市で外壁塗装ならチャンピオン

ベランダや屋上にも塗装は必要?

1282 views

 

ベランダや屋上は風雨による劣化が激しい場所です

ベランダや屋上と言った部分は、マンションやアパートなどの集合住宅に限らず、一戸建て住宅でも風雨による劣化を受けやすい場所ですし、特にベランダなどは日常的に人がその上に載って体重がかかるため、傷みやすい部分でもあります。

また、人が乗ることを前提としたベランダや屋上の場合には、人が乗った時に転落などのリスクを防ぐために床面に勾配が設けられておらず、雨が降ると水がたまりやすいという特徴があります。

そのため、劣化などによって補修が必要になった場合には、完全に穴や割れ目等を修復作業によってふさいだうえで、ベランダ塗装を施す必要があります。

ただ塗装作業のみをしても、それは根本的な解決にはなりませんし、塗装内側でどんどん痛みや劣化が広がり、最終的にはもっとコストがかかる修復作業が必要となってしまうかもしれません。

劣化が激しい場所だからこそ、丁寧な防水工事やベランダ塗装の必要があるのです。

ベランダの床面が白く色あせしたら、それは劣化のサイン

ベランダ塗装にはいろいろな種類がありますし、ベランダや屋上の床面がどのような材質なのかによって、適切なベランダ塗装の施術法が異なります。

一般的な住宅では、ベランダの床面にはプラスチック製の板が使用されているのが一般的で、その板の表面が木目調にプリントされているものなどが良く使われています。

このタイプのベランダ床材は、劣化のサインとして最初に、色あせが起こりやすいようです。

木目調のプリント部分が色あせて、白く変色している状態になったら、そろそろベランダ塗装で対応する時期と考えると良いでしょう。

プラスチックという素材は、夏と冬とで伸縮するため、ただ塗装をするだけでは塗料がはがれてしまいやすいものです。

そのため、ある程度の伸縮に対応出来る塗料を使ったベランダ塗装が必要です。

プラスチック素材以外には、コンパネの上にFRP加工を施しているタイプもあります。

この場合、表面部分にゴム製のウレタン防水を行っているものが多いようです。

水戸市を中心にベランダ塗装を行っているチャンピオンでは、たくさんの施工を経験した職人が、丁寧にダメージを修復した上でベランダ塗装を行います。

地域密着型のサービスと、お客様のニーズに合ったサービスで、地域住民から高く評価されています。

予算面や困りごとなどに合わせて適切な対応をしていますので、お気軽にご相談ください。

水戸地域密着の塗装施工店です!

無料診断実施中!
外壁や屋根の塗り替え、防水工事なら、チャンピオンまでお問い合わせ下さい!

0120-576-849 (お客様用)

メールフォームはこちら