水戸市で外壁塗装ならチャンピオン

水戸市で外壁塗装ならチャンピオン

ベランダやバルコニーの防水工事の種類とは?それぞれのメリットも確認してみよう

0 views

 

ベランダやバルコニーの塗り替えによる防水

ベランダやバルコニーは常に雨風にさらされている部分ですので、家の中でも劣化が進みやすいところですし、雨漏りなどのトラブルが起こりやすい場所です。

こうしたトラブルを防ぐためには防水処置をすることが大事ですが、いくつかのやり方がありますので、予算や広さなどに応じて適切な方法を選ぶことが重要です。

最も簡単な防水塗装の方法としては、通常の塗料を使って塗り替えをするというやり方を挙げられます。

外壁や屋根の塗装と一緒に施工することができますし、色のバリエーションも豊富にあるというメリットがあります。

何よりもコストが安く済みますので、気軽にメンテナンスができるという良さがあります。

一方で、他の防水加工に比べると効果が長続きしない、もしくは弱いので、定期的に塗り替えをしていく必要があるという点は覚えておくべきです。

ウレタン防水の特徴

塗料を塗るという点では同じですが、防水を主な目的とした特殊な塗料を使うことで、より効果を高められます。

その代表的な例がウレタン防水塗料で、ゴム質の厚い塗膜ができますので、しっかりと防水することができ、長持ちします。

また、液状の塗料を塗っていくという工法ですので、形状が複雑なベランダやバルコニーでも対応できるのもメリットです。

FRP防水加工の特徴

FRPという一種の樹脂素材を使った工法で、繊維状のシートを敷いた上に樹脂を塗るという形で施工します。

厚みができると共に、耐久性の高いコーティングができるため、人の出入りが多いバルコニー部分などでも安心できるのがメリットと言えます。

衝撃にも強いので長持ちするという特徴もあり、施工費用はかかるものの、長い目で見るとメンテナンスの手間とコストを抑えられます。

シート防水の特徴

防水シートを全面に貼って、隙間をシーリングするなどして処置する工法です。

シートの素材としては特殊加工を施した塩ビ製のものが多く、防水性は当然のこと、直射日光にも強いのがメリットです。

丈夫で長持ちますので、メンテナンスがしやすく、広い面積の場所でも対応しやすいのも特徴です。

このように、ベランダやバルコニーの防水加工はいくつかの種類がありますが、チャンピオンでは様々なニーズに応じられる防水塗装を得意としています。

それぞれの建築物に応じて、最も適切な工法を提案することができますので、予算や面積、形状などの情報を伝えつつ、問い合わせをしてみましょう。

水戸地域密着の塗装施工店です!

無料診断実施中!
外壁や屋根の塗り替え、防水工事なら、チャンピオンまでお問い合わせ下さい!

0120-576-849 (お客様用)

メールフォームはこちら